包茎に悩んでいる人が挑戦すべき治療

包茎の人が悩んでいる人が挑戦すべき治療、それは包茎手術です。

包茎になりやすい人の特徴ランキング

医師
no.1

皮が長く男性器が小さい

包茎になる最大の要因は、亀頭を被せる皮が長く、ペニスそのものが小さいというのが要因です。通常思春期の時期に身体の成長とともに男性器も成長していくのですが、上手く成長できなかったことが包茎の要因となります。

no.2

成長期に皮を剥く練習をしなかった

10代から20代前半の思春期の時期に自分自身でペニスの皮を剥いて少しずつ亀頭と皮の固着した部分を剥がしていき、常に亀頭が皮から出たペニスを作っていきますが、成長期の頃にこういった刺激を与えないまま時が過ぎていくと包茎になる事もあります。

no.3

一気に全部向いてしまい、戻れなくなった

真性包茎の人が強引に一気に全部向いてしまう事で皮が戻せなくなってしまったり、思春期でペニスが生長している中、眠っている間に勃起してしまい無意識のうちに皮がむけてしまい、嵌頓包茎状態になってしまうこともあります。

no.4

中年で太っている

中年で太っている人が埋没包茎になることがあります。皮が剥けている剥けていないに関わらず、太ってしまう事で埋没包茎になってしまいます。痩せることで埋没包茎は治りますが稀にそこまで太っていないのに埋没包茎になってしまう事もあります。

no.5

間違ったマスターベーション方法

マスターベーションをする際に包皮の上から手を上下に動かして刺激をする人がいますが、この包皮の上から行うのが間違ったマスターベーションです。こうすることで皮が縦に伸びてしまい、この間違った方法が仮性包茎の原因になるのです。

個人に合わせた包茎治療を行おう!治療方法の種類

医者

包茎かな?と思ったらまずは病院を受診

包茎は亀頭が常に皮を被った状態です。そのため雑菌が繁殖しやすいため、あまりおすすめできません。陰部を常に衛生的にするには亀頭を露出させることが大切なので、大人になってもなかなか亀頭が露出されず包皮を被ったままなら病院を受診する事をおすすめします。

悩む男性

包茎の症状には種類がある?!

包茎には仮性包茎と真性包茎、カントン包茎と埋没包茎の4種類があります。この4種類の中で最も多い症状は仮性包茎です。仮性包茎は日本人の7割が該当すると言われており、勃起をすれば皮が剥けるという状態なので包茎ではないと勘違いをされます。

下半身

包茎手術の様々な種類

一口に包茎手術と言っても沢山の手術方法があります。包皮を切る環状切開法や複合曲線作図法に亀頭直下埋没法から、包皮を切除しないナチュラルピーリング法に根元部固定法、背面切開法など様々な手術方法があります。

[PR]
包茎手術なら専門医院で受けよう
優良クリニックを要チェック!

Vカット小帯温存法vs極細注射針を使った治療

Vカット小帯温存法とは

Vカット小帯温存法とは、包皮小帯という性感帯を残しながら切除をするという方法です。

極細注射針

包茎手術をする際、極細注射針を使用して根元に麻酔を行います。先端よりも根元の方が痛みを感じにくいので、根元に注射をします。

包茎治療に関する情報が欲しい人は情報を集めておこう

包茎手術に関する手術内容や口コミを知りたい場合、インターネットを利用して情報収集をしましょう。また、包茎に関してだけではなく男性特有の悩みについても今ではインターネットから簡単に情報を集めることができます。例えば早漏で悩んでいる人は多いもので、早漏の原因や同じ悩みを抱えている人の意見がほしいといった時もインターネットを利用すると良いでしょう。こうやって解決したという方法を知ることができれば実践することもできますし、自分に自信を取り戻すこともできます。

包茎に悩んだら調べるべきこと

下半身

クリニックについて

女性スタッフがいると恥ずかしいという人は、女性スタッフが在籍していないクリニックか、治療内容や副作用についてもしっかり確認しましょう。

詳しくはこちら
下半身

治療の流れを知る

当日の手術の流れについてしっかり頭に入れておくようにしましょう。

詳しくはこちら

[PR]
包茎医院の口コミを大特集☆
条件に合ったクリニックをcheck!

[PR]
包茎手術の専門医院を徹底ランキング☆
コンプレックスを解消しよう